FC2ブログ

プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

日刊ドラマグランプリ 「作品賞」受賞 おめでとう(^^)/

やっぱり、これは書いておかないとね(^_-)

発表は、昨日なんだけど(汗)


◆ヤマトナデシコ作品賞/日刊ドラマGP 受賞

「ヤマトナデシコ七変化」
『主演男優賞』『助演女優賞』につづき、ついに!『作品賞』(^_^)/

日刊ドラマグランプリ
日刊ドラマGp HP

『作品賞にTBS系「ヤマトナデシコ七変化」が選ばれた。人気漫画をドラマ化し、KAT-TUN亀梨和也(24)が主演男優賞、ヒロインの大政絢(19)が助演女優賞、この作品賞で3冠達成だ。TBSで数多くのヒットドラマをプロデュースしてきた石井康晴(41)三城真一両プロデューサー(41)が3年ぶりにタッグを組み、ホラーとコメディーを織り交ぜた作品は、幅広い世代から受け入れられた』

--おめでとう(^_^)/おめでとう(^_^)/おめでとう(^_^)/(受賞と同じ数)


『恭平のキャラクターに亀梨、スナコに大政を配し、2人を囲む手越祐也、内博貴、宮尾俊太郎のイケメン勢に加え、加藤清史郎、高島礼子と場の空気感を動かす豪華キャスティングを実現させた。三城氏によると、恭平とスナコが抱えるコンプレックスには、「理想と現実のギャップに逃げず、自分をもっと好きになるために勇気をもって行動してほしい」というメッセージが込められていた。』

--「自分をもっと好きになるための勇気ある行動」
伝わってきたよね~♪
「ねぇ、恭平。世間は関係ないのよ。親も関係ない。回りに騒がれる自分が嫌いなら、あんたが好きな自分を探したら?」@美音
これが、やっぱりメインテーマだったね(^_^)
明るくて、結構ドタバタで、楽しいドラマだったけど、テーマは深いんだよねぇ♪


『第1話の放送後、亀梨は「髪を切る場面があれば、切ります!」と言い、思い切って髪を切る行動力を見せた。これまでのクールで器用なイメージを一転させ、がさつで下町っぽさをさらに印象づけた。

亀梨は現場の雰囲気作りにも大いに貢献したという。「亀梨くんの気遣いは本当に素晴らしかった。一晩かけてキーマカレーを作ってきてくれて。清史郎くん用には味付けを変えたものを。終盤では、もう終わっちゃうのが寂しいという声も聞けました」と石井氏は振り返る。』

--座長としての気遣い、意気込み。
それをちゃんと見せて、わかって起用してくださるプロデューサーの心意気。
お互いのタッグ。
強いね。
ちゃんと観ている側にも伝わってきたよ(^^)

カレーのくだりは、ブランチでみることができたね♪
深夜までの撮影の後、寝ずに作ったカレー。
味ももちろん、美味しいと思うけど、その中には、亀のドラマへの思いいれや、共演者&スタッフへの”愛”が、たっぷり”注入”されたもの。
格別の味だと思われ(^-^)v

感激しちゃうよねぇ。そのハートに惚れずに、どこに惚れる?(他にもいっぱいあるけど)
「よしっ!がんばるぜ!」って、思っちゃうよねぇ~♪


プロデューサー2人の共通したドラマ作りに向けた信念は「ファンタジー(日常でありそうでない設定)に、いかにリアリティーをもたせる」かだったという。
『「ちょっぴりばかばかしいけど面白い。それが一番重要」と三城氏。こだわり抜く集中よりも、場をリラックスさせる雰囲気づくりにおもむきを置いた点で、今作品については「キャスト、スタッフの信頼関係を見事に築き上げた3カ月間だった」と胸を張った。そして、見据える今後のドラマ作りについては三城、石井両氏とも「日本は内向きなものが多い。もっと世界に通用する、発信できる内容を作っていきたい」と声をそろえた。』

--ぜひぜひ、その時にもうちの(笑)亀梨をキャスティング、よろしくお願いしますm(_ _)m

いつも、共演者やスタッフさんにも、また作品で共演したいと思わせる亀♪
いろんな意味で、とってもステキな俳優だと思います(*^_^*)


今回の「作品賞」の受賞。
もちろん、亀自身も「主演男優賞」受賞はうれしいと思うし、もちろんスナコちゃんのも、うれしいと思うけど...
もしかしたら、『作品賞』がいちばんうれしいんじゃないかなぁ~♪なんて、思って(^o^)

あんなにみんなが仲良くて、さらに良いものを作ろうと力を合わせて、キャスト&スタッフで作り上げていったドラマ。
ほんとに、すごく良かった(^o^)

「作品賞」受賞、本当におめでとう(^_^)/




ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking 
FCランキング


ジャニーズブログランキング

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE