プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓也さんのご冥福を心からお祈りします

実は、もっと早くに書こうかな、と思っていたのだけど...
悲しいことは、書きたくないかな..とか、
なかなか受け止められなくて...とか。

ズムサタを見ていたら、ぼろぼろ大泣きしちゃって。
宮本さんのコメントや、拓さんの映像、インタビューのあれやこれや。

拓さんのことがたくさん思い出されてきて。
今日が告別式だったんだよね。
キムタク@SMAPからも献花が届いていた。


拓さんを最初に知ったのは、広島時代かな。
「なんと”キムラタクヤ”ってー!(@_@)同じ名前?(SMAP)」ってとこから、始まったけど、知れば知るほどほんとに良い選手で。

まさに”努力の人”です。


高校時代は、1年から甲子園に出場し、3年では大活躍もして記録も残したけど、身体は小さかった。
本人もドラフトにかかると思っていたのに、ドラフト外で日本ハムへ。
それも、入団直後は「任意引退選手」登録の時もあった。
日本ハムのスカウトマンに「プロ野球は、がんばって成績を残せば1軍にあがれる世界だから」と言われた言葉をかみしめて、ただただ努力だったと、先日のプロ野球選手研修会で講話しているところが放送されていたね。
話が特別上手なわけではないのに、その言葉が深く心に沈み、ずっと残っているのは、本当の言葉だからだと思う。
今年の新人選手たちは、ラッキーだったね。木村コーチの言葉をずっと覚えていて、頑張ってほしい。

それから、広島へトレード。
スイッチヒッターとしてのデビューや、それなりの成績を残すも、三振が多いことや、打撃スタイルなどの成績不振があって、ここでもまた壁にぶつかる。
広島時代にアテネオリンピック代表選手に進出。複数のポジションをこなせる選手として重用。雑用係や高校時代、キャッチャーとして活躍した経験を生かして、ブルペンキャッチャーとしても活躍した。
その後、故障や手術があったりして、スタメンへの復帰は難しくなっていく。

そして巨人へ。
戦力が充実している巨人への移籍はかなり本人的にも大変だったと思うのだけれど、神様はちゃんと見ていた..とでもいうか、代打やピンチヒッターとしての守備でも活躍して、認められていく。
1000本安打は記録しているけれど、デカイHRがたくさん打てる打者でもなく、自分の生きる道を模索していったんじゃないかと思うんだよね。
バントがすごくうまくて、足も速くて、ピッチャー以外どこでも守備ができて、肩が強くて遠投もできる。
巨人の往年の名選手川相選手の背番号”0”をつけたのも、印象的だったな。
川相もすごく好きな選手だったからね。

ただ、さすがに巨人。主力打者レベルの選手がゴロゴロいる中で、1軍と2軍を行ったりきたりもした。
なかなかチャンスもなく、だから記録も作れず...

それでも不屈の精神でねばり努力した。
器用さでチームの穴をうめ、2008年からはスタメンに。確かにチャンスで三振だったこともあるけど、ここぞ!と言う時は勝負に勝った。そんな時でも他の選手を立てるコメントをする人だった。


2009年9月4日のヤクルトとの延長戦。10年ぶりのキャッチャーとしての無失点の活躍。拓さんならでは!でした。

拓さんの最後の打席(2009.10.12)も三振だった。拓さんらしい。見逃しなんて、絶対しない。

そして、その裏方の仕事も率先して手伝う姿勢、他の選手への気配り。考え方、そしてその姿勢を買われて、巨人のコーチ就任の要請。
「世界一のノッティングコーチになるんだ」との本人の目標。

絶対良い選手を育てたはずなんだ。
あの姿勢を学ぶべき選手はたくさんいたはず。
そして、それを拓さんものぞんでいたはず。


松本選手@巨人にアドバイスした言葉
「エラーをした時に下を向くな」

なんだか、胸が熱くなる言葉だった。
きっと自分に言い聞かせてきた言葉だったに違いない。


巨人のオープン戦当日 ドームのジャイアンツ ロッカールーム 
原監督から、選手へかけた言葉
「これから、新しい巨人の歴史をみんなで作っていくんだ」
映像の中には、監督の右後ろにいた拓さん。一緒に誓っていたと思う。


もしかしたら、あの日、亀もインタビューしたのかもしれない。
亀にもたくさんアドバイスしてほしかった。
身体が小さくてもその反骨精神で努力を重ねた経験を、静かに話してほしかった。
きっと素直にたくさんの影響を受けたんじゃないかと思う。
考え方には、共通するところもたくさんあると以前から思っていたから。



残された家族にもたくさんの想いが残っていただろうと思うと、涙が止まらない。
倒れた日も、時間があったにもかかわらず、自宅には寄らずにまっすぐ球場へ来て、準備をしていた。
そういう人だった。

10歳のお兄ちゃんは、野球選手になることを、宮本さんに誓ったと言っていた。
父の遺志をうけついで、きっと良い選手になるんだろう。
その時は、精一杯応援したいと思う。


器用な選手だったけど、それは努力の上に立つものだった。
誰よりも静かに努力をする人だった。
まわりに気配りができる人だった。
人のために動ける人だった。
その人を想い、アドバイスができる人だった。

優しくて、穏やかで、物知りで、謙虚で...
中身はとても熱い人間味にあふれる人でした。

ほんとに、惜しい人を亡くした。

巨人だけでなく、日本のプロ野球界は大きな存在を失った。


心から、冥福をお祈りします<(_ _)>
どうぞ、安らかに...

空から、家族のみなさんを見守って、
そして、選手みんなを見守ってやってください。



ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking 
FCランキング


ジャニーズブログランキング

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< 亀ラジ 4/9 Repo♪ マジでヤられるRadioです(*^_^*) | ホーム | ゆっち&聖にYELL(^^)/ 今週チェックするTV 忘れないでぇ~♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。