プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまらないけど...KAT-TUNが大好きだっ!(^^)/

まずは...

ただいま~♪

相変わらず、私のプロバイダーからはブログにつながらず、どうもサーバーがプロバイダーを拒否ってる模様(^^;)
しっかりしてくださいよ~!FC2!!


まず、ライブの報告をする前に...


仁のこと、KAT-TUNのことを書こうと思います。
こんなに本音を書いていいのかな?っていう迷いもありつつ...
自分の気持ちを整理するためにも、スルーするわけにも行かないかな、と。


仁にもKAT-TUNにも、まだまだ想いはいっぱいあって、時間が経つごとに、増えていったり、変わったりしてしているんだけど。

新聞報道もWSを観ても、どうしても納得のいかないこともあったり。

WSや新聞に報道してほしいのは「KAT-TUNの初の世界進出のツアーが始まった」ってことなのに、それってまるで仁のことの会見のような内容にしかなってないじゃん!とか。
そういうことが言いたかったわけじゃないんじゃないの?
ジャニーさんじゃなくて、KAT-TUNのコメントは?とか。

WSだって番組によれば、5人が映ったのは一瞬で、後は亀のコメントのとこだけじゃん?とか。
亀のコメントも「あんな言い方するかな?」とか?違う使われ方をしているような気がするんだ。

疑問もいっぱい(>_<)


お友達から、WSリポーターの山崎さんのブログを教えてもらって読んだら、すごくすっきりした。(私信:ありがとう)
やまざきさんブログ


やっぱり...(-_-)
言葉をカットされるだけで、こんなに印象が違うんだね。

「(仁が)戻る可能性はありません」@聖は、『(今の)ツアーに』だし。
「5人でやるのは初めてじゃありませんし」@亀は、『ツアー』をだし。
「やりたいことがあるのに、無理してやることない」@亀も、『(今の)ツアー』だし。
なんか、『ツアー』を『KAT-TUN』全体みたいに取れるカットはやめてほしいんだけど。

私の周りには、仁に「ちゃんとソロツアーを成功させてKAT-TUNに絶対戻ってきてほしい」と思っているお友達もいれば、「仁は自分の好きなことを見つけてそれを目標としてしているのだから、それを頑張ればいいんじゃない?」、「今の5人のKAT-TUNがいいから、KAT-TUNに戻らなくてもいいい」っていうお友達もいる。
もちろん、KAT-TUNに対しての思いもそれぞれだし、それをどうこうは言わない。

でも、私は「やっぱりKAT-TUNは6人がいい!」と思っている。
向いている方向がもしも違っていても、その先が同じ地点なら、目標とするものが同じ6人なら、どんなカタチでもいいと思う。

どっちにしたって、もともと型破りなGrを好きになってるんだし。
どんなことだって、受入れられると思うし、どんとこいっ!だし(^_^)v


以前の記事に、「6人が円を作る形のチームワークがあったら、6人が中心を向くのではなくて、それぞれが背中合わせで、外を向いているのがKAT-TUNだと思う」と書いたことがあった。
「背中でメンバーを感じられるのがKAT-TUNだ」と。
そんな形の絆がちゃんとあると信じているから。


仁がL.A.に行く時、アリーナツアーやワールドツアーを5人で行う時の記者会見や、NOKIA LIVEの後で帰国した仁が「脱退はない」「解散はない」って話してくれたこと。
私たちにはわからない業界の約束ごとやいろいろな事情があったとしても、それが嘘だったとは思いたくない。

そして思った。
やっぱり、仁の口から直接聞きたい!って。

いろいろな情報に惑わされずに、直接KAT-TUNから発信されたものを信じていこうと決めたから。


2日目のLIVEは、ちょっと緊張して入ったんだ。
やっぱり私の気持ちを除外しても、5人にも緊張感があったように見えたし、ルックスにも違うものもあった...と思う。

何か発信されるものがあるのかと思ったんだけど、結局明言されることはなかった。

ラスト、亀の挨拶の中に
「僕ら、いろいろと心配をかけて申し訳ないのですが、KAT-TUNでいる幸せをもっと感じて、いろんな景色を見ながら大きく大きくなれればいいなと思います。
僕らKAT-TUNが、KAT-TUNとしてこうやって(ステージに)立てていることがなにより幸せなことなので。
今日は本当にありがとうございました」

というのがあって...
それがすべてなのだと。

KAT-TUNはKAT-TUN!
何も変わらないのだと。


結局、今回の件はジャニーさんの気持ち、事務所の意向と理解していこうと思う。
もしも、同じ結果になったとしても、仁の秋のアメリカツアーが終わってからの正式発表ということになるんだから。

きっとその時には、仁の口から、KAT-TUNからの直接のメッセージがあると信じてる。


LIVEで「ONE ON ONE」を歌うんだけど...(聖&ゆっち)

♪胸に刻み込む この5年の月日
DEEP IN MY HEART
もうやるしかない 超えるしかない
GO BACK TO THE BASICS
掻き分けて MAKE A START

(略)

わかるだろ?強く ただ強く望むんだ
上へ
時は来た♪


そこには、確実に6人で歩んだ月日がある。
きっとメンバーにしかわからない、揺るがない強い絆が結んであるはず。


どんな結果になっても、それがKAT-TUNで納得して出した答えなら、ちゃんと受け止める覚悟はできている。
秋まで、ちゃんと待っているから。

KAT-TUNを応援する気持ちには、何も変わらないよ。
もちろん仁も(*^_^*)


これからも変わらず
亀梨和也が大好きだ!!
K・A・T・T・U・Nが...
KAT-TUNが、大好きだ--!!!


ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking 
FCランキング


ジャニーズブログランキング

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< YAHOO DOMEで始球式♪ おつ亀さまで~す(^^)/ | ホーム | WBT 2日目 終了しました\(^_^)/ >>


コメント

さちりん、久しぶり。

仁担の私だけど書かせてもらっていい?


今回本当かなり凹んで、涙 涙の毎日で。

私も脱退はジャニーさんの気持ちなんだと思う。
出来る事ならロクーンで、これから先もと思う。
6人のバランスが大好きで、また魂で会いたいと思ってた。今も会いたい。


WSもカットであんな風になってしまうから、こわいよね。



秋にハッキリした事分かるけど、仁もKAT-TUNも応援して行く。


やっと少―しだけ整理つき始めたかも。


ロクーンの絆は深く固い、たとえ離れてても。



サチリン

ワタシも色んな想いがあってなんて書いていいか分からないケド…

ワタシもサチリンと一緒。

KAT-TUNは6人じゃなきゃ嫌だって思ってる人で。

好きな事、やりたい事をやって仁が戻って来てくれるって信じてた。

ワタシ達には分からない6人の想い出と想い。

10年という月日がどんなに大きいものなのか
きっとワタシ達の想像より
遥かに大変だったと思う。

淋しいケド。悲しいケド。

カメがメンバーが決めた事。

何があってもカメについて行く。

仁がこれからどんな活動していくか楽しみにしつつ応援してくよ


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。