プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀たん。。おつかめさまでしたm(_ _)m

さて...

怒涛の週末をなんとか越しました。

昨日はとっても星が綺麗だったんだよなぁ...
今日は、大雨だよ(T ^ T)


亀...

お疲れ様でしたm(・・)m


金曜日からのTVジャック。
本来なら、「東京バンドワゴン ~下町大家族物語~」の番宣だけのはずだった。

楽しそうな、あったかい現場をそのまま持ってきたような番宣を見るはずだった。

前にも書いたけど...
仁脱退のトラウマ

あの時も亀が初主演だった「たったひとつの恋」の番宣のズムサタだったね。
奇しくも14日は、「たったひとつの恋」の初回放送記念日でした。

でも、亀のコメントを聞いたら
きっと、このタイミングは、最速にて最適なタイミングを選んだんだねって。
受動的じゃなく能動的に取り組んでいる気もしてきた。

1人目脱退の時は、20歳
あの時、20歳ながら亀はとてもしっかりしていると思っていたけれど、今から思えば、当たり前に若かったね。
本当にどうすれば良いかわかんなかったところがあったと思う。
精一杯の「お騒がせしてすいません」だったんだよね。
短い言葉に胸がつまって、声にならなくてボロボロだったんだよ。゚(゚´Д`゚)゜。
でも、とっても誠実に気持ちは伝わってきたよ。
踏ん張ってるのもわかった(わかってほしくなかったと思うけど)

でも、今回は違ったね。
もちろん聖のニュースでは大泣きしたけれど、2晩過ごして納得しようと自分の中で闘ってたけど、亀の番宣は、静かな気持ちで見守りたいと思ってた...、そうあるべきだと思ってた。

◆ZIP!
LIVE映像やら、(その前の関ジャニはキツかったわ)から、聖の件について亀へ。

きちんとまっすぐを見て、言葉を選びながらゆっくりと話す亀の誠実な態度が胸をうちます。
亀の心中を思ってしますうんですよ。やっぱり。
ダメダメ、そのまま、まっすぐに受け取ろう。

亀の丸くてアイドルっぽいから嫌い(雰囲気)と話した左目がいつもと違う。
オトコの子だから、私たちみたいには泣かない。
存在を失ったからといって泣かない。
泣いたとしたら、それはきっと悔し涙だと思う。

きっとその時期はもっと前だったよね。

考える時、言葉を選ぶ時、左下を見る亀のクセがたくさん出てた。
それって心理学的には、ばっちりあてはまる。真剣に物を考えている仕草なんだ。

亀:「KAT-TUNを、応援してくださるみなさんを守っていきたいと思います」

『守って』くれると話した亀

本当は私たちが守ってあげたいんだよ(泣)
亀たちに、KAT-TUNも守って、ハイフンも守ってもらうなんて、なんて幸せなハイフンたち。

ねぇ--!全国、世界中のハイフン、聞いてた????

◆スッキリ!
とにかく、正直に、誠実に言えることはすべて話してくれたんだと思う。
私たちが迷わないように、疑問がほどけるように。

聖が自分で説明できない分もしてくれてるみたいに。

亀:「本当にありがたいことなので、まあそういった思い(KAT-TUNを良い方向にもっていきたい)っていうのはすごく強いですし、あとはおせっかいかもしれないですけど、まぁ、あの10何年、ね。
一緒にやってきたメンバーなんで、まあ今、僕ら自身もそうですけど、聖が一番...まぁ自業自得ではあると思うんですけど、すごいしんどい状況にあると思うので、どうかこう温かく見守っていてほしいなって...」

ほんとだよね。
ずっと10何年一緒に同じ方向を向いて、努力してきた仲間をすぐに切り離すことなんてできない(泣)
それでこそ、KAT-TUNだよ。(大泣き)

今回の件で、聖のことを、悪く書いたり言うファンがいないということに驚いているマスコミが多いみたいだね。

事情が全然違うし、ハイフンに対しての誠実さもおおはばに違う。
ん~、”脱退”という同じ言葉ではくくれないものがあるものね。
そこんとこは、ハイフンならわかるはず。

これ書きながら、またまた思ったんだけど。
聖さ、「もうこれ以上迷惑をかけるわけにはいかない」って脱退をOKしたんじゃないのかな?
それだったら聖らしいなと、思う。
そこまで行っちゃった聖は、とっても残念だけど。

『KAT-TUNとしての誇り』がブレーキになれなかったことは、すごく悔しいけれど。
もしも、そうなら、ちょっと納得できる。


どの番組も「解雇」とは言わないでいてくれた。「契約解除」と話してくれた(東京の分はないから未確認だけど)
KAT-TUNや亀の想いを尊重してくれたようにも思える。

ありがとうございます。

後でネットニュースで知ったんだけど、番宣として出演する番組で、脱退のニュースをどう取り扱うか相談していたと。
「すべての番組で時間をとってほしい」亀が要望を出したとか。

貴重な時間をさいてくださってありがたいことだよね。
すべてが情報番組だったからできたこと。
そして、きっと亀だから、認めてくれたんだと思うよ。

今回の件を、とても能動的にとらえて(それでもつらかったと思うけど)
想像で作られたり、勝手な解釈であることやないこと報道されたりする隙を作らなかったこと。

なんて頼もしく、男らしく立派なんでしょう。
こんな風に思っちゃうのは、この場合よくないかもしれないけれど、亀のこと、好きで良かったって思いました。


どれだけ書いても、いっぱい話しても、絶対納得しなくても、どれだけ泣いても
とにかくKAT-TUNは前に進んで行くの。

そして、その4人を力いっぱい応援するの。

それは、すでにとっくに昔に決まった決定事項なの!
それはどんなことがあっても、ゆらぐことはないの----!!!!

一生ハイフンなのっ!!!!



ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking  
FCランキング


ジャニーズブログランキン グ

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< ンゴワドンバ京東 初回 感想 「僕は、愛が欲しんだ」(^∇^) | ホーム | 曇りのち大雨...のち..  削除(ノ_・。) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。