プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬眠する熊に添い寝してごらん」大千秋楽☆ 上田さんは輝いていました\(^o^)/

こんちわ~~♪

先日、上田竜也主演舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」を観てきました。
大千秋楽に立ち会わせていただいて、ありがたいことですm(_ _)m

今回の舞台は、東京遠征に行けなかったので、大阪公演のみ。
大阪初日と大千秋楽の2回でした。

なんの先入観も持たずに観たかったので、公演時間が4時間というぐらいの情報で観た私...
舞台に精通しているわけでもなく、蜷川さんの舞台も噂レベルぐらいしか知らないという、灰皿とか?(笑)

大阪初日を観た後は、なにか憑き物でもついたかのような、あまりにつかみ所がない...
というか自分の中での、腑の落としどころがないと言いますか...

とにかく、初日は「上田竜也に”主役”をさせていただいて、ありがとうございましたm(_ _)m」という気持ちでいっぱいでしたね。

たっちゃんの舞台のお芝居は「ロミオとジュリエット」以来。正直、ドキドキしていました。
噂の蜷川さんのシゴキを受けて、どこまで変わっているのか?期待もいっぱい♪

えええええええ。
とっても!
登場した時の多根彦の第一声で驚きました。

そこにいるのは、演技者:上田竜也
知らないたっちゃんでした。
ライブやテレビで観るたっちゃんではなかったですね(^^)

スーツ姿も新鮮で(@_@)練習の時から、あの黄色いレジメンタイだったのね。
とてもよく似合っていました。

たっちゃんの、細くてしなやかに鍛えた体が、とても良く動く舞台でした。

声も表情も動きも、その表現するチカラも。
大きく張った声、わかりやすい動き。動きにならない空間へのアプローチ。
目線、抑揚、手の動き...それはそれは、とても素敵でした。

☆内容について
実際蜷川さんがなにを伝えたいのか、正直よくわかりません。私の解釈が正解かも疑問です。
とてつもない大きなメッセージもあり、壮大なテーマの提示だったようにも思います。
時間軸が、現在になり過去になり、行ったり来たりを繰り返す中で、そのキーマンとなる薬売り。しかも薬売りはちっとも年をとりません。

ベルトコンベアーや輪になって踊る樽をはこぶ女人が表す”ルーツ”のイメージ。中央に置かれた、産油をくみ出す水車。
またはベッドシーンや箱の中でのイメージが表す”輪廻”

エネルギー問題への提示が石油?ソチに合わせたの?と思えるライフル射撃のオリンピック選手(兄)
大仏:犬、熊:犬、人間:熊、人間:犬、石油産出、自然破壊、「大阪で生まれた女」...
男女の裏切り、兄弟の裏切り...『契り』

会場センターをぐるりと取り囲む回転寿司のセット、ひとりひとりが小さいお芝居をしている様子が圧巻
あちらこちらから登場し、退場する出演者たち。

舞台スクリーンには、ト書きのような説明文の表示

そうですね、一言で言えば、疲れました(笑)

自分の持てる、最大限の視力と聴力と、理解力とを駆使した疲労感。
腑に落ちないから、どうにか理解しようと考え続けるギリギリ脳。
考え続けているというだけで、たぶん蜷川さんの術中にはまっている(笑)

実力者ぞろいの出演者が、ピンスポットをあびて、独特の長セリフを訥々と、または朗々と。
それぞれソロで映えるシーンが何度かあって、それだけでも見応えは十分でした。

井上さんも、勝村さんも、杏ちゃんも好きな俳優さんです。
井上さんを知ったのは「OL にっぽん」で。ういういしかったなぁ。

メリハリのついた立石さんも素敵でした。不思議な怪しい雰囲気に石井さんの薬売りは適役でしたね。
最初に出て来た犬の造りと、その動きがあまりにリアルで、それだけを目で追いました(笑)
脱いだら、2匹ともとてもイケメンの方でした(@_@)(カテコ)

”俳優”というお仕事をと生業としておられる、さらに実力派と言われる方々の中に、上田竜也が立っている。
それも、なんの遜色もなく、堂々と張り合っている。
ということがうれしくて、劇中、なんの前触れもなくいきなり泣きそうになったりして。

☆カーテンコール
ラストのカーテンコール。出演者全員での三方礼。
ぶっきらぼうに見える手の上げ方が、たっちゃんらしくて、ほほえましい(^^)

何度も何度もカーテンコールに出てきてくれる。
声を聞けないかなーと思っていたら、何度目からでおもむろに下手へトコトコとハけるたっちゃん♪
すぐに戻って来たけど、その手に握られていたのは、なんと蜷川さんの手でした(笑)

蜷川さんも一緒にお辞儀。
何度目かは、「WE ARE 添い寝熊~」的に\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/ってなってて、うれしかったなぁ。
だって、東京での公演、どこかでたっちゃんが「あれ?やるのが普通じゃないの?」的に1人でみんなと手をつなごうとしてたことなかった?

次は...的に、井上さんの背中を押して、舞台センターへ誘導するたっちゃん♪
いざ、井上さんがセンター位置についた時、劇中のようにスルっとトレーニングパンツをおろす(笑)

その次は勝村さん♪
ちゃんとズボン後ろ部分を押さえて、後ろを振り向いた時...
そこにいたのは、たっちゃん、井上さん、杏ちゃん(笑)

また何度目かは、勝村さんや石井さん(だったかな?)と肩を組んでたり、とにかく、たっちゃんが楽しそうでうれしそうで、こちらもうれしくなりました。
舞台上から降って来る雪!雪!雪!みんなが見えなくなるぐらい(笑)
スタッフさん、やる〜♪GJ(^_-)

ラストのラストは、とうとう井上さんに後ろから飛び乗っておんぶに(^_−)−☆
仲良し兄弟に、キャスト含めみんなが大きな拍手ーー!

もう手が痛いくらいの観客からの、鳴りやまない拍手に包まれるキャストのみなさん。
舞台の真ん中に立ち、キャスト・スタッフ・そして観客。会場中、いや、ここに立ち会えなかった上田担の皆様にも。
みんなから愛されるたっちゃんがとっても素敵だった〜♪

やりきった充実感と、終わった安堵感と...

きっとキャストのみなさんとお別れする寂しさもあっただろうね。
とても充実した笑顔で、やり切ったことが自信につながり輝く瞳がキラキラでした。


上田竜也様
とにもかくにも、ほぼ1ヶ月。
長くて、難しい舞台をおつかれさまでしたm(_ _)m

そのお芝居に目をみはり、これからの活躍がどれほど楽しみになったでしょう。
ライブやTVでは観ない、上田竜也の新しい扉の向こうに、どんな新しい世界がひろがっているのか?
その中にダイビングするように、次々挑戦していく、上田竜也が見たいです。

そして、またそれをKAT-TUNに持ち帰って、4人がさらにパワーアップするところ。
きっと、見せてくれるはず。
そんなことを心の中で念じながら、寒い風の中を歩きました。

『冬眠する熊に添い寝してごらん』のすべてのキャスト、スタッフ、関係者のみなさま、お疲れ様でした。
ありがとうございましたm(_ _)m


昨年の同じような日は、淳之とヒガシさんの公演だったんだよねぇ..と、また感慨ひとしおでした(*^_^*)

ありがとう\(^o^)/

ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking  
FCランキング


ジャニーズブログランキン グ

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< 亀の声に癒される〜♪ HANG OUT | ホーム | 絶賛撮影中〜\(^o^)/ @HANG OUT >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。