プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フォレスト・ガンプ」座長淳之は、かっこよかったです\(^o^)/

淳之の舞台を観てきました(*^_^*)

それはそれは、とても心待ちにしてた舞台でした。
もともと、淳之の声や姿勢の良さは舞台向きじゃないかと思っていたの。
前回の「No time, No Word」には、セリフがなくて、声が聞けなかった分、今回いろんな意味でとっても新鮮でした。

もうね、とにかくフォレスト・ガンプ扮する田口淳之介、逆か?(笑)それぐらいぴったりの役。
私はあまり「完璧」という言葉は使わないけれど、本当に舞台上でフォレスト・ガンプを演じる淳之は「完璧」でした。


前にも書いたけど、「フォレスト・ガンプ」は、私の好きな映画の5本の指には入るし、子どもたちにも絶対観せておきたい映画のひとつです。
だから最初「フォレスト・ガンプ」が舞台化されることには、正直驚きました。

そして、その主役が淳之って---!

世界初!の舞台化!そして淳之の初!主演舞台!!!!

でも、すぐにとっても淳之は適役だと思ったの。
あのフォレストの、人を疑うことを知らない澄んだ瞳と、まっすぐな気持ち。
愚直なまでに人を信じる心、遠回りをしても必ず守る約束。淳之なら、きっと素敵なフォレスト・ガンプを演じてくれる!って。

ポスターの淳之は、ちゃんともうすでにフォレストでしたね(*^_^*)


とっても光栄で、すごく大きなプレッシャーを抱えて、あの大量のセリフとト書きを覚えて...舞台の場所割だって、そしてハーモニカだって、とっても難しいクロマチックハーモニカを覚えて。

もともとフォレストは、ハーモニカの名手っていう肩書きがあるんだよね。でも、映画ではそこはアピールされてなかったから。
脚本のG2さんが、ハーモニカ好きでやってみたら、とっても難しくて、淳之に早めの練習をすすめたらしい。(パンフレットより)

なんとなくしか知らないけど、ハーモニカってたくさん種類や吹き方があるよね。
このクロマチックハーモニカっていうのは、ジャズ演奏にも使われるもので、スライドレバーで半音を出したり、ひとつの口から4つの違う音が出たりするんだって。なんだか頭がこんがらがるね(笑)

そんなとっても難しかったであろうハーモニカの音も、ちっとも混ざったり濁ったりすることが一度もなくて、正直、少し驚きました。
大量のセリフを話す淳之と同じように、清らかかな空気の中、誰も、噛んだり躓いたりすることのなかった、本当に完璧な舞台でした。

その立ち方も、表情もまとう雰囲気も。
そうそう、双眼鏡で何度もみてみたけど、視線の向く方向まで、一寸のスキもなく”ファレスト”でした。


淳之舞台が始まる前に、「すごく期待していて、とってもハードルをあげて待ってるよ♪」って書いたけど、淳之はそんなの楽々クリアしていきました。
さすが、タグティブ♪さすがKAT-TUNです(*^_^*)

舞台の最初から最後まで、にっこりと、とっても出来の良い息子を観るような母の顔だったと思います。

フォレスト・ガンプの少年役から、一心に恋する大学生。
戦士になって、起業家になって...と、その時々のフォレストの心情も表情もまっすぐに演じている淳之から、こちらにまっすぐに想いが届いて。
爽やかな風がずっとそよそよと吹いていて、淳之の笑顔がニコニコで、こちらの心が洗われるような想いでいっぱいでした。
評判は違わず...間違いなく...そこの舞台に立っているのは、まさに「天使」でした(*^_^*)


自分に自信のないフォレストは、ずっと足が内股気味から、少しまっすぐになっていくんだけど、絶対外向きになることはないのね。
でも、ちゃんとカーテンコールの時には、座長田口淳之介になって、がっつりバランス良く外に向いているの。

全身全霊舞台にチカラを注いでいるけど、熱中しすぎると、もしかしたらそんな小さなところがおろそかになりそうなのに、きちんと毎回できているの。

もしかしたら、ちゃんと冷静な自分もいるっていう座長は、本当に舞台に向いているかもね。
そう言えば、亀ちゃんも「俯瞰している自分がいる」って話していました。

淳之の声はよく通るし、もちろん話すスピードもちょうど良い。聞きやすいから、すっと物語の中に入れるの。

千穐楽のカーテンコールの時。
舞台後半、最後の方になったら、前田さんや高橋さんやが、少し涙目になってて。
淳之もうるうるしてたの。泣いちゃうかな~って思ってたら、さすがに座長さんは踏ん張りました!

大きく手を広げて、挨拶をしてあげた時の淳之の顔が、とっても清々しくて。
「泣いちゃうかと思っていたけど、それよりもなんだか充実した気持ちが大きくなって!」と話してたね(雰囲気)

でもね、色白のその天使のお鼻は少し赤くて、なんだかとっても可愛くて、ぎゅーって抱きしめたいくらいでした(*^_^*)

劇中ではけるときに、「サムライ☆ラブアタック」よろしく、最後の最後、もう暗くなっているところで、ジャンピングではけていくの。
そのジャンプ力と、その時の笑顔とスタイルが、もう、ほんとに舞台を楽しんでいる!ってのが伝わってきて、大好きだったな--。
そういえば、あの時は、田口淳之介だったな--。

あと、とっても印象的だったのが、最後のご挨拶の時。
淳之は、センターで挨拶してた時後ろに立ってるキャストのみなさんが、本当に優しい笑顔で淳之を見つめていたの。
ほんとにあったかい笑顔で。
淳之をいれて10人の最小最強のキャスト軍。
「あ~、ほんとに良いカンパニーだったんだな」ってうれしくなって。そんなとこでまたうるっときたりして。

「入口出口」も出ない淳之を尻目に、最後の最後にたくさん笑いをとっていく高嶋さんは、さすがに職人でしたね(^_-)
脚本G2さんをはじめ、もちろん田口淳之介、前田亜季さん、大高洋夫さん、オレノグラフィティさん、藤崎卓也さん、鹿野真央さん、横山敬さん、鈴木綜馬さん、高橋ひとみさん、高嶋政宏さん。
本当にありがとうございました。

前楽に続き、千穐楽も立ち見がたくさんでるほどの大盛況で幕を降ろしました。


感想が遅くなって、ごめんなさい。
大阪の初日と、大千穐楽と2回も観に行けて、とっても幸せ

本当に感動しました。
こんな言い方は、とっても失礼だと思うけれど、ここまで淳之が仕上げてくるとは思っていませんでした。
淳之、ごめんなさい。

映画とともに、とっても大切なフォレストがもう一人できました。
淳之、ありがとう(*^_^*)



ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking  
FCランキング


ジャニーズブログランキン グ

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< 愛をつなぎとめる術...@亀カメラ Vol.40 | ホーム | 史上初快挙!もうひとつの冠♪ KAT-TUN おめでとう\(^o^)/ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。