プロフィール

さちりん♪of 亀幸本舗

Author:さちりん♪of 亀幸本舗
亀梨和也の瞳に堕ちて、新しい世界に目覚めました(笑)
人生の予定になかった”アイドル堕ち”を自分なりにEnjoyしています(*^_^*)

「なぜ、”今”なのか?」「なぜ、”亀梨和也”なのか?」「その虜となる”魅力”はどこに?」などなど尽きぬ研究テーマがいっぱいです。

「好きになるのに理由は要らない」とわかっていても、それを知りたい。自分で不思議に思うことは追求したいと日々探求しています。
是非、一緒に研究しましょう♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

コメントのお礼♪

いつもあたたかいコメント&拍手コメント、ありがとうございますm(_ _)m とてもうれしく読んでいます。 ブログを続けていく上で、すごく励みになります(*^_^*) 今は、お返事ができなくてごめんなさい。
どんなコメントでも、うれしく、また、真摯に受け止めていますが、他の方が読んで気分を害するようなコメントは管理人だけが読めるようにします。ご了承くださいね♪ いつも、応援いただいて、ありがとうございます(*^_^*)

カテゴリー

大切なお友達リンク

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2ブログランキング

参加してみました

FC2ブログランキング

訪問してくださってありがと(^^)

ジャニースブログランキング

ジャニーズブログランキング

ジャニーズランキングも参加してます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次は高いところからスタート(^ー^)ノ 「ジョーカー・ゲーム」@二条

ちっす♪

あれも、これもみんなひっくるめて「わぁ~~い♪」なことがいっぱい。
春だね(^_-)

それじゃ、なんのことだかさっぱりわかんないよね?
(笑)

そっかぁ。
もう3月だもんね。早いなぁ...(だからわからないって)

◆「ジョーカー・ゲーム」監督&プロデューサー
2月末日 京都・TOHO二条で開催された入江監督と藤村プロデューサーのトークショーに行ってきました。
68人のこじんまりしたスクリーン。プレミアスクリーンになってて席は広いし、シートのクッションは最高だし、席の前には飲み物がおけるテーブルはあるし、足置きまであるという!
至れり尽くせりのスクリーンでした。

好きだなぁ、「ジョーカー・ゲーム」(*^_^*)

あれこれ、オマージュされた映画は、監督自らたくさんお話しているし、亀との対談でも話されているから、割愛します。

神永(小澤)さんがドア締める→「D」の文字アップ→7秒でふっと消える。
そこから2秒で「Dead or Alive」のイントロ~♪の流れを、いつも通りに心の中でカウントして。

「ここのタイミングの良さは完璧」って前に監督がおっしゃっていたように思うのだけれど、ほんとにそれ。
「Dead or Alive」も後1秒遅かったら、間延びしてお客さんも帰っちゃいそうだもんね(^_-)

結局「ジョーカー・ゲーム」の感想、いつ書く?ネタバレになるよね?とか思いながら、ちゃんと書いてないような気がするぅ~(笑)
それは、またの機会ね(^_-)

◆質疑応答
のちのbocastでわかったことだけど、司会をしていた女性はTOHOの「ジョーカー・ゲーム」広報の方だったのね。入江監督、日芸大の後輩だったと。ありがとうございます(^^)

お二人のットークショーは、全体で30分ぐらいだったかな?
お二人がステージに用意された椅子に腰掛けて、質問を受けられて。
入江監督は、今回はスーツじゃなくてジャンパー的なものにチノパンっぽい感じ(暗くてよく見えない)藤村Pは、スーツ。

入江:今、太秦で時代劇を撮影中(ドラマ)で、こんな格好で申し訳ないです。
亀梨くんと結構いろいろと回らせていただいたじゃないですか?今日(亀梨くんがいなくて)、心細いです。

入江:今日、初見の方?おお。
藤村P:3回目の方?おお。昨日の時点で、66万人の方に見て頂きました。
今日いらしている方は、亀梨さんファンの人?入江さんファンの人?(ほとんどが亀梨ファン)

<質疑応答>質問者にはスパイペン プレゼント
Q1.小出くんの活躍について。スパイとして活躍していたのか?どの時点からなのか?

入江:いやぁ~、これだけ亀梨くんのことを振った後に、小出くんの質問(笑)
最初からですよね?
藤村:彼が一番、原作に近い、名前も出てくるし。
入江:亀梨くんを挑発しているところから始まってるんですよね。D機関をやめさせられれるのも計画的だったということです。
トラックをチラ見しているシーンがあるけれど、あれが伏線ですね。でも、(小出くんの)懐中時計の写真は何回見ても、笑っちゃう。さすがに学生服はもうやばいでしょ?(笑)
(小出くんは)年末にカード練習に一緒に行かせてもらったんだけど、マスターがすごく早くて。(舞台挨拶などで)何度かお話させてもらったけど、撮影の時も亀梨くんの顔にあててくれっていうのも、リクエスト通り。すごく上手かった。

Q2.ブラックノートを隠した駒は”キング”でははなく”ナイト”だったが、意味があるのか?(男性)

A:藤村P:台本には「駒」としかなかったよね?
入江:立体的でかっこいい、厚みがあるので中にモノを仕込むのにちょうど良い大きさだった。嘉藤がリンを守るイメージからも”ナイト”にした。お姫様とナイトっていうのも賭けた。
(実際は)転がりにくくて、ちょっと焦った。
黒か白にするかで悩んでたけど、この場面なら嘉藤のスーツも白だから黒に決めた。でも(嘉藤が)黒い手袋をしていたので、手に持つと目立たなかった(苦笑)
入江:スパイなのに、目立つ白いスーツで!って言われているけど、当時の晴れの場の正装は白だったんですよ!

Q3.ラスト嘉藤が飛び降りる時に、胸にいれるブラックノートを、お腹のあたりから取り出すのはなぜ?

A: 藤村:確かに、胸ポケットにいれてましたねぇ?
入江:落とさないように(場所を)移したのでしょう(笑)この辺から出すと取り出す時に色っぽくて良いだろうとっていうのもありました。亀梨くん、色っぽいのは武器でしょ?

描いてないですけど、その後、亀梨くんはスッスッって入れ替えたんですよ。
そこまで映すとかっこわるいでしょ?

Q4.入江監督起用の理由(入江監督ファン)

A:藤村P:
最初は、某大物監督に打診していて、入江監督には別の映画を考えていた。脚本家の渡辺くんと、その同級生の入江くんと一緒に、僕の近所の居酒屋で飲むことになって「ジョーカー・ゲーム」の話をした。これまでしてなかったのかな?
そしたら「スパイ映画が大好き!!」なのに、「どうして僕じゃないんですか?」って。某大物は日程の都合も合わなかったし、脚本とかもまだ見せてなかったし。

入江:ハリウッドとかはあるけど、メジャーをやってない若い監督に撮らせるって日本では、あんまりない。

入江:亀梨さんの衣装合わせが終わった後も、まだ現実感がなかったですね(笑)
藤村P:どっきりっだと思ってた?プロデューサーって若い人も発掘しなくちゃいけない。もともと「神聖かまってちゃん」を見ていて、予算があったらクレーンを使うんだろうな、とか。予算がなくても工夫してちゃんとした映像に仕上げているので、この人はきっとお金がある映画も撮れるだろう、と。
入江:その某大物監督が撮っていたら、また別物になっていたんですよね。
藤村:そうだろうね。
入江:不思議ですよねぇ。

入江:(つくづく)いないですよ。こういうプロデューサー。ハリウッドだといますけど。ほんとに恩人なんですよ。
藤村:次は20代の監督を狙っているので、もう(今回で)終わりです(笑)

Q5.映画の長さ108分だが、人間くさい嘉藤にかけて、煩悩の数?鐘が鳴るのも印象的(除夜の鐘とかかっている)。
各所にシンメトリーになるもの(りんご/洋梨、白/黒、など)は意識したか?
A:
入江:そうなんです!って言えたらかっこいいんだけど、偶然。編集時点ではまだ主題歌ができてなくて、歌次第で109分になったかも?
藤村P:普通最初の編集では長すぎて「切って!」って指示するもので、今回は異例。僕も”伸ばして”って言ったの初めてかも?96分ぐらしかなくて、さすがに短いし説明が足りないからと言ってのばしてもらった。もともと監督の映画は短いですね。
最近の日本映画は長いものが多いので、短くスッキリ作れてよかった。

入江:アシンメトリーの話。ラストの晴れた海辺は冒頭の雨に地面との対比。車で波打ち際を走りたかったけど、あの車は故障しやすくてあきらめた。亀梨くんがエンジンかけて乗ったら5m走って止まってしまった。

藤村P:日本テレビは亀梨くんが大好き。普通「Going!」とかニュース番組で、映画の宣伝は考えられない。でもダメもとでお願いにいったら、快く受けてくださって。「every」もそう。今のプロデューサーが「Going!」を立ち上げた人で、『亀梨くんには助けられたから、亀梨くんのためなら!』と言ってとてもスムーズに番宣ができた。
亀梨くんはいい人。ファンの方たちの見る目は合ってます。

入江:亀梨くんが言ってて印象的だったのは、今回はイチから?ゼロから?作り上げたことが次回は高いところからスタートできるということって話していて、すごく感動しましたね。

藤村P:続編の「パラダイス・ロスト」ケルベロスを題材にしたらおもしろいかも?
入江:「コナン」ぽいやつですね?
藤村P:今回も「ルパン」ぽい「ルパン」ぽいって言われてるけど、そう「コナン」ぽいやつ(笑)
大砲を撃つには、もっと「1」がヒットしないと!それから結城の素性に迫る「柩」もやりたい。

入江:原作に出てきて、今回の映画では出てない乗り物があるんですよ。
まだ乗ってない乗り物(豪華客船・寝台列車。大砲)などを使うのもおもしろいかも?
豪華客船の話。アメリカまで行かなくて、ハワイあたりなんだけど。嘉藤は、アメリカに行くつもりなのに、全然着かないっていう(笑)

入江:今回どうしても実井役の渋川さんの方にサルを乗せたかったけど、用意されたサルがすごく凶暴で渋川さんに「無理です」と言われた。続編で今度こそ、サルを乗せたい!
入江:この時代の「諜報戦」と言えば真珠湾攻撃。原作にも少し話しがあるけど、2で「ケルベロス」3で真珠湾をやりたい。
原作者の柳さんも「映画は原作と違う感じで良い。亀梨くんは華やかで爽やかで良い」と誉めていた。映画用に書き下ろしてもらって「ジョーカー・ゲーム 3」を撮りたい。

◆テレビドガッチ
「亀梨和也は「みんな大好きになる」映画『ジョーカー・ゲーム』監督らが絶賛&続編も熱望」
テレビドガッチ
(抜粋)
入江監督は「映画の宣伝中に亀梨くんとの距離がより近くなりいろいろ話す機会が増え、亀梨くんが言っていて一番グッと来た言葉なんですが、映画の撮影がゼロからスタートして海外にも行き、ようやく撮影が終了してからこの『ジョーカー・ゲーム』という作品を作る方程式を作れたと。その方程式を活かして次の撮影をしたら高いレベルにいけるんじゃないかと思うんです。試行錯誤している中で今回出来なかったこともあり、それも次回は是非やりたいので、しぶとく次回作希望と言い続けていこうと思います(笑)」とコメント。

藤村Pは「亀梨くんも監督も私もみんな続編を作りたいと思っています。私自身、『ジョーカー・ゲーム』で初めて亀梨くんとお仕事をしましたが、亀梨和也という人は、本当に(ドラマや映画で関わったスタッフが)みんなが大好きになる。
「Going!」(亀梨が出演している日本テレビのレギュラー番組)はスポーツ番組なので、本来あの番組で映画の紹介はありえないことだけれど、番組プロデューサーが“亀梨くんのためならなんでもやるよ!”と言ってくれた。
一緒に仕事をしなければ分からないかもしれないけど、自信を持って言いますが、本当に亀梨くんは良い奴なんです。なので、(亀梨のファンである)皆さんの目は間違っていないということを言いたいです!」と、亀梨を大絶賛。会場に集まったファンから、ひときわ大きな拍手が贈られた。」

☆ツィッターで、監督のつぶやき
入江悠:「京都・二条での『ジョーカー・ゲーム』トークショーお越しくださった皆様、ありがとうございました。あたたかい雰囲気と何度も映画をご覧くださった上での鋭いご質問、とても幸せな時間でした」

すごく長くなっちゃった(>_<)
ちょっと順番とかニュアンスとか違ってたらごめんね。
ドガッチでも記事になってたから、そちらも参照くださいm(_ _)m

とにかく、制作者側も観る方も、続編を強く希望している!ってこと。
上映回数、増えろ~~~~~\(^o^)/

みんなも、まだまだ観てね(^_-)☆


ブログランキング 参加中(^^)/ 良かったらクリックしてください
FC2 Blog Ranking 
FCランキング


ジャニーズブログランキング

こちらは、ジャニーズランキング(*^_^*)

<< 「KISS KISS KISS」楽しみすぎるーー(≧∇≦) | ホーム | 金夜のお楽しみ「セカンド・ラブ」(((o(*゚▽゚*)o))) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。